Loading...

Water & Energy みづえLab

水とエネルギーをとらえる みづえLab

みづえLabでは、自然界の
“水”と“エネルギー”に焦点をあて、
人間社会での関わりを探っています。

「みづえ」という名前をこの世にいただいて生まれてきたことに改めて思いを巡らせ、
みづ → 水
え  → エネルギー
を強く意識することがこれからのお役目と気づきました。

“水”は、地球を構成する基本四元素(火、風、水、土)の一つ。
雨量も湧水も豊富な日本では、水があることが当たり前になっていますが、
世界中で水不足や水質汚染が大きな問題になっています。
足りないだけでなく、
一方では洪水など大量の水による被害に悩まされる今日。
水があることに感謝し、うまく付き合っていくことに立ち返らねばなりません。

“エネルギー”は、文明社会・工業社会の原動力です。
化石燃料から自然エネルギーや再生可能エネルギーにシフトすることが重要なのではなく、
地球を取り巻くエネルギーの可能性に意識を持ち、
これをどう取り入れて活用していくかを考えていくものでしょう。

みづえLabでは、
この二つのテーマについて、
自然界や地球、さらには宇宙の法則に眼を向け、
これに則って身近な日常で実践していきたいと考えています。

地球は「水の惑星」といわれますが、この惑星上で飲料用に利用できる水は全体水量の「0.01%」でしかありません。

八ヶ岳南麓は、豊富でおいしい湧水があふれる大変恵まれた地域で、貴重な資源の宝庫です。
これを意識して、ここの湧水が地域を豊かにしている実情に眼を向けます。

また日本そして世界中での水の保全や活用について、気になるポイントを見つけて紹介します。

さらに、宇宙レベルでの水の扱い、そして神様の世界でも大事にされている水への概念にも及んでいきます。

エネルギー

八ヶ岳南麓では売電向けソーラーパネルの設置が目につきます。
ある日突然森が切り拓け、一帯が丸はだか・・・という現象が珍しくないのです。

自然エネルギーの利用が必要なのはわかりますが、残念。
せめて電力会社に売るのではなく、自分が使える独立分散電源として活用したいものです。

簡単なソーラー電源に自家利用からはじめ、様々な自然エネルギー発電にチャレンジしていきます。
いずれはフリーエネルギーにまで到達できればいいですが。

三連休は大和の奥地、室生寺に。

ここは奈良の興福寺と繋がったお寺です。
門をくぐっていき、五重塔が見事。
といっても、日本最小で16mしかない。

境内にある宇陀で最大の杉は、10人が手をつないだくらいの大きさです。
新年の初登山は入笠山。

スキー場ねゴンドラで上まで行けるので、ラクラク登れる。
去年はほとんど雪がなかったけれど、今年はかなりの積雪です。

チェーンスパイクを買ったので、山頂まで問題なく✨
あけましておめでとうございます。

家の近くで初日の出を拝む。
日の出前に南アルプスの山々が赤く映し出されるのがまたステキなんだな〜💕☀️
冬至の朝は再び宇陀に。

龍鎮神社は格別に清々しいです。
水の流れや樹木、岩肌などここの自然のあらゆるものが龍になっているのです。

身体の疲れがなくなり、す〜っと軽くなっていくから不思議⤴️😮
畑のシーズンが終わったので、片付け。

マルチのビニールシート、有機栽培するには必須だけどリサイクルできずに1回限り。
無農薬の次に無プラスチックを…となっても、これやめたら作物とてもできない☹️

脱プラいうなら、消費者も負担とか覚悟しないと💨
今回は能登半島に神社ツアー。

最初に一ノ宮の氣多大社へ。もとはお寺だったそうで、鳥居に輪がついているのが特徴。

次の天日陰比め神社は、二ノ宮だけど重要なところです。
帰りぎわに日の差す中で雪が降って幻想的。

金沢にもより、ここの石浦神社にも。ここは大和の三輪山に関係深いと伺って、この土地の歴史を実感しました。
東京に帰る用事があったので、久しぶりに都心に出てみた。

パレスホテルでランチして皇居を散策。その後大手町を歩く。
大手町には何度も来ているけど、大手門をくぐったことはなかったな…

庭園越しのビル群、丁寧に
大和の国奈良がとてもいいです。
特に桜井、宇陀方面が気に入ってます。

談山神社に阿紀神社⛩…
紅葉は終わり気味だけど、まだ美しい。
天気が良くて暖かいので、茅ヶ岳に登る。

登山口付近はまだ紅葉してましたが、山頂辺りはもう終わり。
昨日は干した稲の脱穀でした。

その後に緑米の刈り取り。
殻だけ黒っぽい古代米の一種です。

さてこれから新米をいただこうか🍚✨
山登りに身体が慣れてきたので、編笠山登山。
山頂付近は雪化粧でした。
これってスゴくない?

About

代表 海野みづえ

2020年4月より山梨県北杜市に在住。

それまでは企業向けのサステナビリティ経営アドバイザリーを展開。23年間経済と社会の接点の分野をビジネスの立場から取り組んできた。
この間自身の価値観を根本から転換していく意識が湧き上がり、生き方を変革(Transform)することが、サステナビリティの基本と感じる。

現在は自然と接する中で人間らしいライフスタイルを実践し、社会全体をホリスティックにとらえる眼をつちかっている。

創ゾウ人(ブログ)
https://www.sotech.co.jp/talk
創コンサルティング
https://www.sotech.co.jp/